多感な時期に魚喃キリコを読むべき宣伝のようなもの

この前なんとなーくインスタグラムを見ていたら、臼田あさ美さんのアカウントが、とある漫画の表紙(しかも旧版)を載せていました。

 

>主人公のツチダを演じました

 

…マジかマジかマジかマジかマジかマジかマジかマジなのか!!!!!!

 

マジかのゲシュタルト崩壊を起こしそうなほど私は興奮しました。

 

南瓜とマヨネーズ/魚喃キリコ

 

わたしの大学生時代のバイブルとも言えるこの漫画を、実写化。しかも何年も時間が経った今このタイミングで。テンションが上がりきって下がるまでに時間がかかるほどには興奮しました。皆さんはこの漫画をご存知でしょうか。発売されたのは1999年、今からもう18年も前の漫画になりますが、古臭さを一切感じさせない、いやむしろリアルすぎて、まさに今この時の時間軸の出来事のように感じると思います。全く読んだことがない人もいるでしょうが、すでにこの漫画は結末が見えていますので、ネタバレありきで続きをお読みください。

 

主人公はツチダ。同棲してる彼氏がいながら元彼と偶然会ったことをきっかけにズルズルと関係を持ち、最終的に同棲を解消し元彼とも別れます。
…ね、よくある話でしょ?あー友達にそういう子いたわーとかなるでしょ?そう、リアルなんです。この元彼(ハギオ)がダメンズなんて単語ありますけど、そんな生易しい形容詞つけるのがもったいないほどのクソです。だけど、それでも縋り付いてしまうツチダ。もうね、

 

わーかーるー

わかる以外の感情が出てこないー

 

ってなりましたよ大学生の私は。多分今読み返したとしても、私はハギオのことをきっと嫌いになれない。クソだなとは思うけど。ハギオという人物がどれだけクソなのかは漫画を読んでもらえれば分かりますし、映画でもしっかり描かれることでしょう。ただね、ハギオ役誰だと思います?
オダギリジョーなんですよ。ズルくないですか?ズルいですよね??オダギリジョーなら許しちゃう部分ありますよね???ちなみに漫画を読んだ私の勝手なイメージでは、ハギオはART-SCHOOL木下理樹氏でした。描かれている絵の雰囲気からそう感じたのですが、他にも何人か同じことを思ってる人がいたようなので、あながち的外れではないのかもしれません。

 

私はこの漫画を多感な時期に読むべき一冊だと思ってます。世の中にいるダメな男(例えば友達に恋愛の相談をした時に「絶対やめといたほうがいいよー」とアドバイスされるような男を指します)がどんなものなのかが分かります。そして、ハギオをどう思うかによって自分がダメ男が好きなタイプなのかどうなのかが分かります。わたしはハギオを嫌いにはなれないし、似たような人を好きになったりもしましたから、わたしにとってのハギオはきっとあの人なのだろうと思い当たる人もいます。だけど私の友達は、なぜハギオがいいのか全く分からないと言います。彼女はきっとダメ男は好きなタイプではないのだと思います。

さらに言うなれば、いわゆる”メンヘラ”という単語にいっしょくたに括られてしまう気持ちや行動の1つ1つが、それぞれ違うものだということにも気づけると思います。今は何かと言えば”メンヘラ”で括って片付けられちゃいますが、そうじゃないんだということが、この漫画から学べると思っています。

 

臼田あさ美さんのビジュアルはツチダっぽさがあると思います。こんなこと不躾極まりないのですが、今年に入って某バンドマンと結婚したじゃないですか。撮影がいつだったのかは分かりませんが、彼女が某某バンドマンと失恋したあたりの撮影だったのなら、もうわたしは文句のつけようもなく映画レビューに星5をつけます。幸せな状態でツチダを演じることが凡人の私には想像出来なかったから。
この漫画はバンドマンとの恋愛も描かれているんです。だからロキノン系女子が読んでも刺さるところがあるかと。同棲している彼氏が売れていないバンドマンなんです。しかもパートはギター。うわあもう、ここまで自分で書いててあるあるですよね。
結びつくか分からないですが、クリープハイプに「オレンジ」という曲があって、その歌詞のような生活を想像したら容易いかと思います。
わたし個人的に尾崎世界観さんの書く詩が大好きで、大好きを通り越してなんか悔しくなるような嫉妬するような気持ちになるんです。才能に惚れているバンドマンの1人です。
そういえばビジュアルだけならハギオっぽさがあるかも…なんてね…。

 

というわけで、気になった方は是非漫画を読んでみてください。なんなら映画から入ってもいいかもしれない。

映画宣伝の回し者じゃないですよ。
ただの魚喃キリコさんの1ファンでした。

実は会社を休んでいます、の続き。

休職の診断が出てから約2週間が経過しました。

 

その割には全然心休まらない日が続いています。「自分で休職届を持ってこないと受理できない」と言われ、会社に行って(もちろん朝は行けませんから午後行きました)部長と面談をし、かつてないほどの嫌味を言われ。休職の間は給料が出ないので保険の申請をしたものの上司が手続きをしてくれず、結局人事部と直接やりとりをする羽目になり(本来は上司が手続きをしてくれて自宅郵送されるらしい)…

 

マジで休んでいる意味ねーし!!!!!

 

といった感じです。しかも人事部とやり取りをしている中で「産業医面談の内容を教えてください」と言われ「産業医とは面談していませんが…」と返すと、どうやら休職の届けを出した日に部長面談と産業医面談をして休職明けのスケジュールを立てているはずだと。いやいや、嫌味をたっぷり言われて終わっただけなんですけど。。。

といった感じで仕事のことを忘れて休養をとるのって難しいんだなと思いました。

お休みしている間もまだ発作のように胃痛に襲われたりもします。一度、寝ていたらベッドから落ちるほどの胃痛で目が覚めて、あ、これはヤバい…と思って病院へパジャマのまま駆け込みました。貞子、再び。

おかしいな、昼に食べた塩焼きそばが良くなかったのかな。と思ったのですが医師には「とにかく仕事のことは考えないようにして、身体を休ませてください。そして消化のよいものをなるべく食べるようにしてください」と言われました。私が胃痛だと訴えていたものは、どうやら小腸が想定以上に活発に動くことによって胃にも負担がかかっているという判断でした。なるほどな。塩焼きそばが悪いわけじゃなくてよかった。大病ではないということなので、一安心ですが、それでも胃痛がまたくるのかと思うと戦々恐々としてしまいますね。

 

なんだかんだあと2週間もすれば復職になります。早く全快して仕事したいです。来月のカケタイプチも楽しみです。書き手側で参加するわけではありませんが、皆さんの作品を心待ちにしています。 

実は会社を休んでいます。

先週の月曜日のことでした。

 

私は前日に刀剣乱舞花丸のスペシャルイベントのため幕張まで移動し、アニメ2期決定に心躍り(やっぱり一期一振も買っちゃおうかなーぐへへへ)と思っていました。元気でした。次の日からの会社は憂鬱だったけれど、それはあくまでも今までと同じレベルの、そして誰しも一度はきっと思ったことがあるだろう「あー明日会社行きたくないなー」という軽い気持ちでした。普段通りに寝て、普段通りに起きて、普段通りに朝ごはんを食べて、普段通りに着替えて、そして電車に乗りました。ツイッターでも見るかとスマホを手にしたあたりでしょうか。

 

突然の胃痛が私を襲いました。胃痛といってもとんでもないレベルの胃痛です。この世に生を受けて3○年、これだけ胃が痛くなったのは初めてでした。吊革につかまっていましたが、あまりの痛みに手で胃をおさえてその場でうずくまりました。苦痛で顔は歪み、変な汗が背中にじわっと滲みました。ああここは東京砂漠、突然その場でうずくまっても誰一人として声を掛けてくれない世知辛い世の中。なんとか床を這うように次の駅で下車し、お手洗いへ…と思ったけれどお手洗いまで動けない。一番近くの椅子に座って呼吸をするのが精いっぱいでした。通勤ラッシュの時間帯ですから、誰も助けてくれないんですね。今思えば単なるお腹ピーピーの人にでもみえたのかもしれません。発作的に起きた胃痛は時折すっと止んで、またしばらくするとキリキリと痛み出すので、止んでいる間に反対方向の電車に乗り込み、なんとか自宅の最寄り駅に到着しました。カバンも肩からずり落ち、あー会社行くときスニーカー通勤にしておいて正解だったな(※会社でパンプスに履き替えています)と思いながら自宅の玄関に倒れ込みました。

これはもう完全にアカンやつ。寝てて治るものでもない。そう思った私は10分ほど玄関で倒れたのち、身体を引きずりながら家から一番近い病院の診察券を出して、そのまますぐ病院へ移動しました。ありがたいことに自宅からすぐのところに病院がありますので、そこまでなんとか歩いて受付をしました。受付の人に「今日はどうされましたか?」と聞かれたのですが、「胃が痛くて…」というだけでもう後は椅子で横になっていました。もう周りの目なぞ気にしている場合じゃない痛すぎる!!!もんどりうつ痛さ!!!例えがひどいですが、釣りあげられた魚がビチビチとはじけるような動きをしていました。ちょうど受付開始の時間帯だったので、2番目に呼ばれました。診療してくれた女医さんは私よりもだいぶ若い人で、今までの症状を伝えたところ「んー、すぐ胃痛だけではすぐ判断出来ないんですよね」と。確かにそれが胃潰瘍なのかノロなのかもっと悪いものなのかは瞬発的な痛みだけでは判断が出来ないよなぁと。そして何より、不思議なことにその時点で私の胃痛はだいぶおさまっていたのです。さっきまであんだけ痛かったのに…。「とりあえず胃の痛みどめと整腸剤を一週間出すので飲んでみてください。それでも治らなければもう一度きてください」と言われました。支払いをして隣接している薬局で薬をもらう時にはだいぶ痛みもやわらいでいて、薬をすぐ飲んで自宅でおとなしくしていたら12時には全く何もなかったかのように落ち着いていました。さっきまでの立ってられないくらいの胃痛は?突然の下痢は??まるで自分が仮病だったかのような感覚になりました。とりあえずもんどりうってたため全身が疲れており、その日は会社を休み、ゆっくりしていました。明日には行けるなーと思いながら。

 

そして火曜日。全く同じことが起きたのです。電車に乗ってしばらくした途端、立ってられない胃痛。とめどない下痢。食事中に読んでいる人がいたらごめんなさい。昨日と同様に自宅の最寄り駅に戻ってきたところまではよかったんですが、この日はもう駅から自宅までも歩けなくなっていました。救急車を呼んでもらうか、この場でもうあきらめて倒れるか…考えた結果、文字通り床を這いつくばる勢いで駅員室に行きました。この二日間床をはいつくばりすぎ。呪怨の貞子のようだ。「すいません胃が」消えそうな小声で言ったのですが、私の顔を見るなりすぐ駅員さんが外に出てきてくれました。支えられながら駅員室の中にある救護スペースのようなところに寝かせてもらい「救急車呼びますか」と聞かれたのですが、まだ大丈夫まだいける…という変な意地が出てしまい「大丈夫です…とりあえず少し休ませてください…」とお願いしました。頭の中では好きなバンドのボーカルが「いけるかー!!」と私を煽っていました。

鏡を見てみたら顔色は真っ白でしたが、先週買ったばかりの鮮やかなピンクの口紅が浮いててとても変でした。20分くらい休ませてもらい、このくらいなら自宅に帰れそうと判断して自宅に戻りました。あのときの駅員さんとても優しかった…本当にありがたい…。通勤時間帯だったのもありますが、電車でも駅のホームでも誰も助けてくれなかったですからね。今度から周りの人が似たような状況に陥っていたら積極的に助けよう…と反面教師にします。自宅に帰って、床に座り込み(何度かその間にトイレに駆け込みながら)これは今日も病院に行った方がいいのか…いやだけど同じだろう…と自問自答を繰り返していました。そこで、昨日の若い女医さんが言った言葉を思い出していました。「症状からすると過敏性腸症候群か神経性の胃炎かもしれないです」と。うーん。うーん。こういうの判断したくなかったし認めたくなかったけれど…これはもう自分の中で思っていたところに行くしかないのか。しばらく考え込んで、その間にまた胃痛もおさまってきて、覚悟を決めました。

 

心療内科のあるクリニックを予約をしました。ちょうどその日の午後に空きがあるというので行くことにしました。時間帯で胃が痛くなる、下痢になる、その時間帯を過ぎるとなんともないし食欲もある、薬を飲んでも朝だけは何も変わらない…。これはもう精神的なやつだろうと思ったのです。私の中でそこに行くことはためらいがあって。というのも今働いている私の所属している部門、私以外の女性が全員異動or休職or退職しているのです。つまり私は最後の一人だったのです。女性に限らず私の部門は常時要員不足が続いていました。原因は要員を追加しても誰かが休職したり退職したり休職からの異動をしていたからです。冗談で「○○さんが休んだら女性陣全滅だな」とも言われました。そしてまさにその通りになろうとしていました。私は約一年半前に今の部署に異動になりました。自ら希望した異動ではないですが仕事の内容が嫌というわけでもありませんでした。新しいことをやっていたし、死ぬほど忙しいというわけでもありませんでした。平均残業時間よりも残業していません。ただ、部署全体の独特な雰囲気や独裁政治にはついていけませんでした。面談のたびに前の部門に戻りたいと異動希望は出していました。前の部門の人も「人手不足だから○○さんには戻ってきてほしい」と言ってくれて部長にかけあってもくれました。しかし部長はそれを却下。もちろん今の部署にも同じように自分が必要とされていた、といえば聞こえはいいですが、今冷静に考えてみたら、自分の部下がたて続けに休職したり退職したり異動希望を出すのは勝手が悪かったのかもしれないなとも思いました。なんとなくこの環境嫌だな…きついな…という気持ちはありました。ありましたけど、まさか胃痛を引き起こすほどではないと思っていました。私の中では。

クリニックで症状を話した結果、「3カ月休みましょう」という診断が出ました。会社に行こうとしても身体が拒否している、と。とはいえそんなに休む勇気もなくとりあえず1カ月休職し、様子を見るということになりました。診断書もすぐ出されて「もう今日から今すぐ休んでください。診断書は会社に郵送でもいいです。」とも言われました。(実はこのあと会社に診断書を郵送する旨を電話したら自分で持ってこないと手続き出来ないと言われ、なんとか痛みが治まってから午後に提出しに行ってあれこれ嫌味を言われたという後日談もありますが胸糞悪いことしか書けないので割愛します)

我ながら仮病なんじゃないかと疑うくらいに午後は元気ですし食欲も一切落ちてないのですが、やはり朝の通勤時間帯はタイマーのように胃が痛くなるものですから人間の身体って不思議だなーと思いながら過ごしています。もっと不思議なことに土日はなんともないんですよ。お医者さんには「会社に行かないということを身体が認識すれば平日の不調もなくなるかもしれないので、まずは休んでもいいんだと罪悪感を感じずにゆっくり自分の好きなことをしてみてください」と言われました。念のため落ち着いたら胃の検査もする予定です。

で、まだ1週間も休んでないのに既に(果たして私は休んでてもいいのだろうか)という気持ちになってきてしまいました。これが良くないと言われたんですけど、やっぱりそう思っちゃいますよね。自分がこうなる前だったら「よっしゃー1ヶ月も休めるならとりあえず1日中ずーっと刀剣のレベルアップしたれー!」とか「大量に漫画借りてきて読み漁ったるー!」とか考えられたんですけど、いざその状況に置かれると、今までと同じ時間帯に起きて朝ごはんを食べてるんですね。昼間はご飯を作ったり家事をしたりする以外は手帳を書いたり勉強をしているんです。自然と仕事に関係することはシャットアウトするようになりました。

人って本当に不思議。というか人の身体って弱いようでいて強いし、強いようでいて弱い。と思いました。

 

ちなみに今はピンピンしていますのでお気遣いなく!です!!あくまでもこういうパターンもあるから、やんわり胃痛だの頭痛だの腹痛だの抱えている人がいたら無理はしないでほしいなという気持ちで書きました。昼には何ら変わらないですから、ライブにも普通に行きますし、同人誌も買いに行きますし、カケタイですしいちつるですし好きなバンドは全力で応援します。色んなものを追っかけるには健康が大前提に必要なんだなとひしひしと感じています。春には仕事に復帰する気満々です。

 

これを読んだ方、自分の身体を大切に!