読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社をお休みしている間、見事にアイドリッシュセブンにハマった私は、その中に出てくる1人のキャラクターを強く推すようになり、ひそかに痛バッグなるものを作ってみました。家族にも見せずこっそりベッドの下に隠し持っています。

 

自分で推し色のバッグを買い、グッズを交換したり購入したりしてある程度の数を集め、レイアウトを考えて飾って。そこで初めて、痛バッグを作っている人たちに尊敬の念を抱かざるを得ないと思いました。
最近では痛バッグを持っている人を見かけると写真を撮らせてほしいと思うまでになりました。
実際に声をかけたことはないけれど(強火担と呼ばれる人であったり、撮ることに不快感を示す人はきっといると思うのでなかなか勇気が出ないでいます)ついついじっ…と見てしまいます。

 

ミリ単位で揃えられた缶バッジ、ハート型にきれいに囲んだアクリルキーホルダー、ブロマイドを加工して貼りつけている人もいました。中にはきっと手作りでデコレーションしてる人なんかもいたりして。一種のアートみたいになっている気がしますし、アイデンティティにもなっているんだろうなと。
例えばトレーディンググッズを買ったとき、現場で交換するときに痛バッグを持っている人は「私は○○推しです」というのが一目見ただけで分かるからスムーズなんです。この人は誰推しで誰のグッズを欲しているんだろう?というのを推測する時間が短縮されますし、こちらからも声を掛けやすい。

 

あと、あのバッグを作るのって思っていた以上にお金が掛かっているということ。そもそもそのキャラクター毎のグッズが売っていれば問題ないのかもしれませんが、トレーディングという文化があるため(これってバンド界隈ではあまり見ない文化だと思います)必ずしも【買う=自分の欲しいキャラクターが手に入る】というわけではないのです。
文字通り手持ちのグッズを見知らぬ誰かとトレードし、トレードせずとも譲ってもらったり買い取ったりして、ようやく自分の好きなキャラクターが手に入るのです。自分の力で引き寄せることを「自引き」というのですが、これもまた新しい文化の言葉だなと思いました。バンドグッズに自引きなんてないですからね。まぁキャラクター(メンバー)毎っていうのが少ないです。きれいにたくさんのバッジがついている痛バッグは、下手したらその辺のブランドバッグと大差がない金額なんじゃないかなって思います。サマンサ〇バサのバッグくらいの値段なら軽くいってるんじゃないかなぁ…。特に人気のあるキャラクターだったりしたら、集めるだけでも相当な時間と労力とお金が使われているはず。

 

そして、いざグッズを集めても、今度はそれをバッグにつける作業があります。己の美意識が問われます。私は不器用だもんで、一列同じバッジを綺麗にとりつけることすら困難でした。つけてははずし、つけてははずしを繰り返しました。ある程度の量をつけて、遠目に全体をみるとまぁレイアウトの悪いこと…素敵なレイアウトにしている人は本当に参考にしたい。一種の技術なんだろうと思います。

 

いつか痛バッグの写真だけでインスタグラムのアカウントを作って載せてみたいなと思います。
そうそう、インスタグラムといえば最近アカウントを作ったんですけど、だいぶ昔にバンド界隈で揉めたファンの子からブロックくらってて笑ってしまいました。ツイッターもブロックされてたはずなのになぜアカウントを知ってるんだ…やだ…意識されてる…///

復活

2か月強。会社を休んでいました。
そして今日から復帰しています。

 

正確には【復職】ではなく【ちゃんと会社に来て働けますお給料出ないけどその証拠を見せます期間】に入りました。


一度会社をお休みすると、そう簡単に復帰は出来ない。前回も書きましたが改めてそれを実感しています。ちゃんと働けますよ。電車の中でもんどりうつほどの胃痛で倒れたりしませんよ。会社のせいにしませんよ。そういうのを身を持って実証しなければいけません。もとはといえばさ?どうしてこうなったか原因はどこにあるのかってさ??などと文句を垂れてはいけないのです。

 

お休みしている間、アイナナやったり刀剣やったりA3!やったり。ただそれだけに見えたかもしれません。げんに周りの人に「ほんとに具合悪いの?(笑)」とか「もう2ヶ月だけど、まだ戻ってこれない感じ?」とか、気持ちの全くこもってない「大変だねー」とか、あからさまに優先度下げられたりとか、そんなんもありました。いちいち傷ついてられないので、その都度笑顔で「殺す!!!!!」と思っていました。
だって、「ほんとは時折猛烈な胃痛に襲われてベッドから動けない日がありました」とか、「何もないはずなのに涙が止まらなくなって嗚咽していました」とか、そんなこと大して興味もないくせに聞かされても困るでしょう?と思うのです。

 

おかげさまで、医師からも産業医からもOKが出まして、無理ない範囲で出社をすることにしました。医師からは最短でも3ヵ月、通常なら半年はお休みしてほしいけれど今回は特別にということでOKをいただきました。大丈夫です、やれます。殺せます。

やっぱりダメだった…とならないよう、この期間を生き抜いてみせます。

 

話は変わりますが、来月に私の大好きなバンドが新しいアルバムを出すのでみんな聞いてください。

ちゃっかり宣伝だけはしておきます。

近況

まだ会社を休んでいます私です。

 

刀剣乱舞のスタンプラリーに参加したりアニメジャパンに行って刀ステのトークショーに参加したり春コミでカケタイプチに参加したり…ネット上では普通に元気そうな私なのですが、それでもまだ出社許可が出なくて自宅療養に勤しんでいます。定期的に病院へ行って経過報告もしていますし、発作的な胃痛は起きていませんので、この調子でいけば次の診察でリハビリ的な出社は認めてもらえそうです。一度会社を休むと、次に復帰するには色々なハードルがあるんだなと思いました。医師の許可証、会社専属の産業医面談、産業医からの許可、人事部との手続き、所属部門の受入れ…。考えただけでクソめんどくさいですが、働く意欲がある限りはやっていくしかない。ゲームをひとつずつクリアしていく感覚で進めていこうと思います。会社休んでるくだりは前に書いた記事を参考までにどうぞ。

 

さて、お休みしているあいだに資格の勉強もしていたのですが、医師から「なるべく何もしない時間、好きなことをする時間を可能な限りもつように」とアドバイスされたので、最近はあまり勉強はしていません。その代わり友人にえらく勧められたアイドリッシュセブンを始めました。勧めてくれたのは20年近い付き合いの友人ですから彼女のいうことは間違いないと思ってて。シナリオも音楽もいいよという言葉を信じてインストールしました。バンドが好きで、そのなかでもドラムが好きなくせに、リズム感が絶望的な私にとって音ゲーはハードルが高く、最初の時点でさっそく放置してしまったのですが。ここで私をかきたてたのは二次創作の作品でした。7人の中で1人推しを作って、その推しの作品を読むことで好奇心を煽られ、もっと詳しく知りたい…という気持ちそれだけで第1部のシナリオを完走しました。そして走り出した気持ちは止まらない暴走モードに入り、第1部のシナリオを終えたその日のうちに第2部を完走するという暴挙に出ました。

無課金でよくやったよ…私…!

終わる頃には「顔の区別がつかない」と言ってたのにメンバーの区別がつくようになり「十って人、じゅうって読むの?」と言ってたのにすっかりラブゲトリオを推しとするようになりました。ラブゲトリオについてはグーグル先生に聞いてみてください。

 

私には今まで生活の中心にあるバンドがいました。

ライブがあればそれを第一のスケジュールとし、ツアーに参加したりグッズを買うために働いてお金をつかっていました。言い方が極端ですが、そのバンドを応援することが自分の生活の一部になっていました。だけど、ある出来事がきっかけで、少しだけその優先順位を意識的に下げています。その隙間にアイドリッシュセブンがスコーンとハマってしまったのだなと。今まで通り、キンプリだったり刀剣だったり好きなものは変わらないし、大好きだし、だけどそこで1番を占めて揺るがなかったバンドの領域をアイナナが埋めたんだなと。そう思いました。プロ意識ってなんだろう、ファンって、応援することってなんだろう。って思うことがあったから、すんなり九条天のプロ意識最高か〜〜ってなったし、タイミングってすごいなーと。

何度も勧めてくれた友人には感謝しかないです。

九条天のプロ意識の高さについては実際にプレイして読んでほしい、ほんと凄いから。

だけど私の推しは環くんです。余談です。

 

というわけで私は今日も元気です。